原発事故自主避難者に退去求め提訴 独立法人、山形の8世帯に

朝日新聞DIGITAL11.17   写真は2015年6月

「好きこのんで故郷を出た人は一人もいない。支援を再開してほしいという自主避難者たちの思いを代弁したい。」
「全国の避難者全体にかかわる問題。今の住宅に住む原因をつくった東電と国に、家賃の支払いを求めたい」

自主避難をした人たちに対する自治体の住宅の無償提供が今年3月末で打ち切られたことを受けて山形県米沢市の雇用促進住宅に住む8世帯に対し、住宅を管理する独立行政法人が立ち退きと4月から立ち退きまでの家賃の支払いを求め提訴した。

避難者側は「支援を再開してほしい」と訴えた。

訴えたのは高齢・障害・求職者雇用支援機構(千葉市)。訴状によると、無償提供が終了したため、機構側は継続入居を希望する住民に対し、有償の賃貸借契約を求めたが、8世帯が応じなかった。

避難者側は、立ち退き請求は、避難者の住宅確保を国に義務づけた「原発事故子ども・被災者支援法」に反すると主張。

同機構は「時間をかけて有償契約に切り替えるよう交渉した」と説明。自主避難者約500人とは契約を結び直したといい、「他の入居者との公平性も考え、提訴に踏み切った」としている。

あんふぇす

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

≪せいぶらいふあくしょん≫  

2013年11月、若者3人とおやじで始めました。現在、たくさんの方に参加・協力、応援いただいてます。(*^_^*)

light(明るい、軽い) で、 たのしく 無理なく、対話を通してface to face(顔の見える関係作り)を進めます。 

この横断プロジェクトは特定の団体に属さない非営利の市民活動です。

福島第一原発事故を教訓に、放射能から身を守り、脱原発を願う人たちとあらゆる思想・信条を超えてつながります.

≪活動内容≫    2016年9月現在

 1) 原発事故による放射能汚染や健康被害の存在をより多くの市民に知ってもらう→「気づき」の場
 2) 若者への原発/放射能情報発信、学習会 保養キャンプへの若者参加のコーディネートなど
 3) 食の安全ネットワークの構築→「交流・対話」の場 あんふぇす(食の安全フェスタ)の実施
 4) 被災者、避難者の人権擁護
 5)被災地の様子を伝え、原発事故が招く災害情報を正しく読み解く(メディアリテラシー)
 6)原発事故に由来する人権学習、環境教育、放射能防護教育、食育の推進

≪手をつないでください≫ 

このアクションに共感し、No Nukesを願う人誰でも歓迎です。
ひとりひとりが自ら考え行動する。手伝える人は手伝う。
ネットでつながるゆるやかな会です。

このプロジェクトに参加ご希望の方はinfo@save-life-acton.org、または☎080-5325-7128〔平野)まで

≪カンパのお願い≫   (^_^;)

振替口座:ゆうちょ銀行 00980-7-234353 セイブライフアクション

他行から:店名099/当座/0234353

この活動はすべてカンパによって運営されています。(1000円でステッカー約200枚分)

知人・友人に、会合で…ステッカー配布お願いします。
ステッカーを置いてもらえるお店など、ご紹介ください。
皆様からの投稿、メッセージお待ちしています。

ページ上部へ戻る