Save life from nukes【解説】 改訂しました

福島第一原発事故から7年半、放射能汚染の状況がだいぶ明らかになってきました。原子力資料情報室の協力も得て、「あんふぇす」や「せいぶらいふあくしょん」の活動の軸となる【解説】を改訂しました。  Save life from nukes 【解説】

【本文】

太古、有害な放射線の危険がなくなって地球上に生命が誕生しました。人類は核兵器や原発を開発し、それらすべてを死滅させることができるだけの核物質をここ100 年足らずで作りだしてしまいました。

そして 2000 回以上に及ぶ核実験や原発事故によって、それまでこの世になかった人工の放射性物質を、私たちは日常的に摂取するようになりました。その一部は体内に蓄積されて放射線を放ちます 。(内部被ばく)

チェルノブイリでは原発事故後、年が経つにつれ、世代をまたがって住民の健康が悪化しています。線量が低くても長期間被ばくし続ければ深刻な健康被害を招く可能性を示唆しています。

そして 2011 年、日本中が恐怖に震えた福島第一原発事故。大量の放射性物質が東日本に降り注ぎ、今も土壌に沈着しています。 食品などの放射線量は東日本でも全体的にかなり下がってきていますが、未だ高いものがあります。健康影響なども含め、今後も注視が必要です。

原発事故で何万人もの人が故郷を失い、今なお多くの人が放射能に脅えて暮らしています( 放射性物質「不安 」66% 朝日新聞・福島放送 福島県民共同世論調査 2018年2月)

事故当時、放出されたセシウム 137 は広島原爆 168 発分(2011年8月政府発表)そのうち国土に落ちたのはわずか1kgほど。事故を起こした 1~ 4 号炉にはまだ200kg超のセシウム137があります。事故が収束する見込みはなく、汚染水は今も洩れ続けています。

そして世界には440基の原発があります。

原発や核兵器(=nukes)から、いのち、くらし、いきもの(=life)を守りましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

≪せいぶらいふあくしょん≫  

2013年11月、若者3人とおやじで始めました。現在、たくさんの方に参加・協力、応援いただいてます。(*^_^*)

light(明るい、軽い) で、 たのしく 無理なく、対話を通してface to face(顔の見える関係作り)を進めます。 

この横断プロジェクトは特定の団体に属さない非営利の市民活動です。

福島第一原発事故を教訓に、放射能から身を守り、脱原発を願う人たちとあらゆる思想・信条を超えてつながります.

≪活動内容≫    2016年9月現在

 1) 原発事故による放射能汚染や健康被害の存在をより多くの市民に知ってもらう→「気づき」の場
 2) 若者への原発/放射能情報発信、学習会 保養キャンプへの若者参加のコーディネートなど
 3) 食の安全ネットワークの構築→「交流・対話」の場 あんふぇす(食の安全フェスタ)の実施
 4) 被災者、避難者の人権擁護
 5)被災地の様子を伝え、原発事故が招く災害情報を正しく読み解く(メディアリテラシー)
 6)原発事故に由来する人権学習、環境教育、放射能防護教育、食育の推進

≪手をつないでください≫ 

このアクションに共感し、No Nukesを願う人誰でも歓迎です。
ひとりひとりが自ら考え行動する。手伝える人は手伝う。
ネットでつながるゆるやかな会です。

このプロジェクトに参加ご希望の方はinfo@save-life-acton.org、または☎080-5325-7128〔平野)まで

≪カンパのお願い≫   (^_^;)

振替口座:ゆうちょ銀行 00980-7-234353 セイブライフアクション

他行から:店名099/当座/0234353

この活動はすべてカンパによって運営されています。(1000円でステッカー約200枚分)

知人・友人に、会合で…ステッカー配布お願いします。
ステッカーを置いてもらえるお店など、ご紹介ください。
皆様からの投稿、メッセージお待ちしています。

ページ上部へ戻る